DSpace Hokkaido University of Education
 

Hokkaido University of Education Repository >
070. Graduate School of Education >
Special Course of Clinical Psychology and School Education, Graduate School of Education >
Research Journal of Clinical Psychology and School Education >
第17号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11299

Title: 配偶者等暴力被害におけるカウンセリングの意義
Other Titles: Significance of Counseling for Victims of Domestic Violence
Authors: 佐藤, 由佳利
Abstract: 2001年に「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」が制定されて以来,配偶者等からの暴力(以下DV)は社会的な認知度を高めた.しかし支援については社会的支援が主であり,心理支援の方法については,未だ途上である.本論では,A市の配偶者等暴力相談センターにおける3年間のカウンセリング実績を基に,DV被害者へのカウンセリングがどの段階でどのように必要なのかを考察した.DV被害者は,自分がDVを受けていると認識してから,別離を考え,離婚へと至るが,その過程でパートナーからの支配を受け続ける.本当の意味でのDVからの離脱は,クライエントが自分の中の支配の構造から脱却することにある.DV被害者へのカウンセリングは,その過程を支えることが目標となり,それを達成するには,各段階に必要な心理支援を認識しながらカウンセラーがクライエントに寄り添っていくことが必要だと論じた.
Keywords: 配偶者等暴力
カウンセリング
被害者支援
ISSN: 13497251
NCID: AA12091880
Shimei: 学校臨床心理学研究 : 北海道教育大学大学院教育学研究科学校臨床心理学専攻研究紀要
Volume: 17
Publisher: 北海道教育大学大学院教育学研究科学校臨床心理専攻
Issue Date: Mar-2020
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11299
Appears in Collections:第17号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
gakkorinsyosinri-17-2.pdf929.58 kBAdobe PDFView/Open
Attention:To those who use Firefox

When you open the PDF file in the Firefox PDF viewer , font and color , or ,
There is a possibility that the problem occurs in display of the entire document .
To view these files correctly , you can disable the built-in PDF viewer
Please set to use the other viewer .
Setting method , refer to the following pages . ( March 2015 currently )

Firefox Help:And to disable the built-in PDF viewer to use the other viewer

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Copyright © 2008-  HOKKAIDO UNIVERSITY OF EDUCATION - Feedback