DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
010. Journal of Hokkaido University of Education >
第71巻 第1号 人文科学・社会科学編 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11374

Title: 韓国における芸術家福祉政策の現状と意義
Other Titles: Current Status and Significance of Artist Welfare Policy in Korea
Authors: 閔, 鎭京
Abstract: 韓国は2011年11月に芸術家の職業的地位と権利向上を目的とし,「芸術家福祉法」を制定し,翌年11月には文化体育観光部傘下機関「芸術家福祉財団」を設立した。同財団の事業は,創作力量強化,不公正慣行改善,職業力量強化,社会セーフティネット構築,芸術活動証明,生活安定支援の6本柱である。2020年現在の財団予算は54億2,400万円と過去最高を記録し,前年対比89%増を示している中で,芸術家の創作活動の準備等を支援する「創作準備金支援事業」,芸術家の生活安定を図るために融資する「芸術家生活安定資金融資支援事業」の予算増加が際立っている。この二つの事業は,急浮上した新型コロナウイルス(COVID-19)災禍の支援策としても活用されている。このような緊急事態に芸術家が生き残ることに着眼し,生活の支援策を講じることの議論ができるのは,「芸術家福祉政策」という基盤と枠組みができているからであり,その意義は顕著である。
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13442562
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA11272030
Shimei: 北海道教育大学紀要. 人文科学・社会科学編
Volume: 71
Issue: 1
Publisher: 北海道教育大学
Issue Date: Aug-2020
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11374
Appears in Collections:第71巻 第1号 人文科学・社会科学編

Files in This Item:

File Description SizeFormat
71-1-b09.pdf679.92 kBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback