DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
010. Journal of Hokkaido University of Education >
第71巻 第1号 教育科学編 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11376

Title: ダウン症児のトランポリンを用いた活動の変容 ― トランポリン活動にともなう活動量と意識の変化から ―
Other Titles: The Effect of Trampoline Activities for a Child with Down Syndrome ― Changes in the Physical Activity and Attitude Towards Trampoline ―
Authors: 中門, 優里
安井, 友康
Abstract: 平衡性を含めた運動機能の課題が指摘されるダウン症のケースを対象に,トランポリン運動への参加がもたらす変化を明らかにすることを目的として,活動内容の変容や身体活動量,養育者への聞き取りなどを通し分析を行った。その結果,活動開始当初は不安定なトランポリンのベッド(キャンバス)部分に乗ろうとしなかった対象児が,セッションが進むにつれ自発的に活動をするようになり,トランポリン上で四つ這い位から座位,立位へと姿勢を変換していく様子が見られた。さらに自らトランポリンを揺らすようになるとともに,対象児の発言や養育者への聞き取りから,活動を楽しむようになる様子が示された。活動量計による測定からは,セッションの進行とともに,活動量も増加する様子が示された。
Keywords: ダウン症
トランポリン
身体活動量
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13442554
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA11273292
Shimei: 北海道教育大学紀要. 教育科学編
Volume: 71
Issue: 1
Publisher: 北海道教育大学
Issue Date: Aug-2020
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11376
Appears in Collections:第71巻 第1号 教育科学編

Files in This Item:

File Description SizeFormat
71-1-a17.pdf663.28 kBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback