DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
010. Journal of Hokkaido University of Education >
第71巻 第1号 教育科学編 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11412

Title: 理科におけるアーギュメントから捉える学習方略に関する分析 ― 小学校第4学年「ものの温まり方」を事例にして ―
Other Titles: Analysis of Argument on the Learning Strategy in Science Lesson ― Analyzing the Unit“ Metal, Water, Air and Temperature” in the Fourth Grade ―
Authors: 渡辺, 理文
佐野, 綾音
鐙, 孝裕
Abstract: 本研究では,協働学習におけるアーギュメントが果たす役割について分析を行った。本研究において,アーギュメントとは「根拠となる対象や事実を示しながら,理論の吟味・修正を繰り返し行う活動」と定義した。このアーギュメントの過程において,どのようにメタ認知的活動を行うことで学習を進めているのか,また,アーギュメントが子どもの資質・能力の育成にどのように寄与するのかについて,事例を基に分析した。事例は,小学校第4学年の理科単元「ものの温まり方」の全10時間である。事例の授業における,教師と子どもの発話内容を分析の対象とした。分析した結果,学習への理解の困難度によって展開されるアーギュメントが質的に変化していることが明らかになった。子どもは,解決が困難な学習課題に出合うとメタ認知的モニタリングを他者へと拡張し,アーギュメントの質を向上させながら学習課題の解決へと向かっていた。
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13442554
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA11273292
Shimei: 北海道教育大学紀要. 教育科学編
Volume: 71
Issue: 1
Publisher: 北海道教育大学
Issue Date: Aug-2020
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11412
Appears in Collections:第71巻 第1号 教育科学編

Files in This Item:

File Description SizeFormat
71-1-a21.pdf463.08 kBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback