DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
070. Graduate School of Education >
Special Course of Clinical Psychology and School Education, Graduate School of Education >
Research Journal of Clinical Psychology and School Education >
第18号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11617

Title: 発達検査を含む巡回相談の効果の検討 ―北海道・道東地域の一都市に着目して―
Other Titles: Effectiveness of Itinerant Consultations including Developmental Testing
Authors: 髙橋, 楓
浅井, 継悟
Abstract: 巡回相談は学校現場において活用されているが,統一的なモデルが存在しない.本研究では,生活保護世帯が多く,援助資源が限られるA市に着目し,教員の視点から発達検査を含む巡回相談の有効性を明らかにすることを目的とした.小学校を対象に,巡回相談を利用したことがある教員と利用したことがない教員9名に半構造化面接によるインタビュー調査を実施した.その結果,教員は巡回相談に対して好印象であり,教員が感じている困り感を解消する一つのツールとして巡回相談が利用されていることが示された.また,担任教諭や保護者が変容し,子どもに良い影響を与えていること,良い影響を与えられることで子どもが変容すること,担任教諭と保護者や特別支援教育コーディネーターをつなぐ役割があるなどの効果を感じていることが明らかとなった.これらのことから,発達検査を含む巡回相談の有効性と他の地域における援助モデルになる可能性について考察した.
Keywords: 巡回相談
発達検査
多職種連携
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13497251
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA12091880
Shimei: 学校臨床心理学研究 : 北海道教育大学大学院教育学研究科学校臨床心理学専攻研究紀要
Volume: 18
Publisher: 北海道教育大学大学院教育学研究科学校臨床心理専攻
Issue Date: Mar-2021
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11617
Appears in Collections:第18号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
gakkorinsyo_18_59-73.pdf1.12 MBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback