DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
070. Graduate School of Education >
Special Course of Clinical Psychology and School Education, Graduate School of Education >
Research Journal of Clinical Psychology and School Education >
第18号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11622

Title: 新型コロナウイルス騒動を考える
Other Titles: Some Considerations on “Corona Virus Disturbance” in Japan
Authors: 久能, 弘道
Abstract: 2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が日本社会に甚大な被害を及ぼした。しかしながら,その被害はウイルス感染症そのものによってもたらされたのではなく,むしろ心理学的,社会学的,政治学的要因といった別の多くの要因によって引き起こされたと考えられた。テレビ,ラジオ,新聞といったマスメディアだけでなく,医療の「専門家」たちまでもが今般の「コロナ騒動」を引き起こし,日本の学校における様々な活動,人々の日常生活,そして経済活動に深刻なダメージを与えたことが考察された。将来再び同じような過ちに陥ることを回避する方法についても議論された。
Keywords: COVID-19
「コロナ騒動」
心理学的要因
社会学的要因
マスメディア
専門家
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13497251
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA12091880
Shimei: 学校臨床心理学研究 : 北海道教育大学大学院教育学研究科学校臨床心理学専攻研究紀要
Volume: 18
Publisher: 北海道教育大学大学院教育学研究科学校臨床心理専攻
Issue Date: Mar-2021
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11622
Appears in Collections:第18号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
gakkorinsyo_18_11-27.pdf1.06 MBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback