DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
070. Graduate School of Education >
Hokkaido University of Education Advanced Teacher Professional Development Program >
Teaching Profession >
第11号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11678

Title: 日本技術教育学会(ATEJ)の発足と消滅 第2報告 : 短期間で自然消滅した要因
Authors: 阿部, 二郎
Abstract: 本稿では、「日本技術教育学会」に集った人々の規模や属性なども資料として整理した。それを踏まえつつ、何ゆえに短期間で自然消滅に至ったのかを中心人物の野津佐吉の「技術科教育観」に着目しつつ検討を加えた。その結果、①野津佐吉の退職、②昭和44年の中学校学習指導要領告示による法定教科「美術」の内容に「D 工芸」が復活したことにより、昭和33年の学習指導要領告示によって「図画工作」から「技術・家庭」に活動域を移した人々が、再び「美術」に活動域を戻したこと、③「技術・家庭」の公的研修機会が整備されることによって「技能研修」を中心としていた学会活動の優越性が消失したこと等が作用し、結果的に活動停滞・自然消滅に至ったと結論付けた。
Keywords: 教職大学院
日本技術教育学会(ATEJ)
技術科教育研究紀要
野津佐吉
工作教育
工芸
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 21859620
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA12518533
Shimei: 北海道教育大学大学院高度教職実践専攻研究紀要 : 教職大学院研究紀要
Volume: 11
Publisher: 北海道教育大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻
Issue Date: Mar-2021
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11678
Appears in Collections:第11号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kyosyoku_11_123-136.pdf3.9 MBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback