DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
010. Journal of Hokkaido University of Education >
第71巻 第2号 教育科学編 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11692

Title: 管楽器基礎奏法におけるテクニカルアスペクトの解析と再考 : 伝統的基礎練習「ロングトーン」の本質
Other Titles: Reconsideration and Analysis of Aspects of Fundamental Techniques for Wind Instruments : The True Nature of “Long Tone” as Traditional Basic Training
Authors: 渡部, 謙一
Abstract: 本論は,管楽器の基本奏法や原理に関して紐解いた前論を受けて,実践的な練習法について様々な考察を展開したものである。日本をトップランナーとして今や世界の吹奏楽のレヴェルはおそらく,そのレパートリーやメソードの数の豊富さから見て,オーケストラや合唱のような他のアンサンブル媒体をしのいでいると考えられる。しかしながら,その教授メソードは数十年前のものすなわち先の大戦・戦中・戦後のものと質的には未だほとんど変わっていないのが現状である。この憂うべき状況を鑑み,全自動万能の社会文化で育った現代人の様相に即し,本質的に普遍的な管楽器奏法についての研究が急務であると確信している。今回は伝統的な練習法に視点をあて,その本質をつまびらかにし,効果的な練習方法を提示し,ロングトーンの本質を明確にすることを目的とした。
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13442554
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA11273292
Shimei: 北海道教育大学紀要. 教育科学編
Volume: 71
Issue: 2
Publisher: 北海道教育大学
Issue Date: Feb-2021
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11692
Appears in Collections:第71巻 第2号 教育科学編

Files in This Item:

File Description SizeFormat
71-2-a16.pdf441.11 kBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback