DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
010. Journal of Hokkaido University of Education >
第71巻 第2号 教育科学編 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11711

Title: 算数科における「プログラミングの授業」のあり方に関する一考察 : 問題解決的な学習とプログラミング的思考の関連に着目して
Other Titles: A Study on the Expectation of “Programming Lesson” in Mathematics in an Elementary School : Focusing on the Relationship between Problem-solving Learning and Programming Thinking
Authors: 谷地元, 直樹
西條, 俊介
三村, 仁
Abstract: 学習指導要領にプログラミング教育が位置付けられ,算数科はその授業を行う代表的な教科としてあげられている。本研究では,算数科における「プログラミングの授業」のあり方を検討するために,算数科の単元指導計画の構成に着目し,2つの授業実践から数学的活動に与える効果や改善点を分析・考察することを研究のねらいとした。授業実践からは,単元全体を問題解決の過程を通して学んでいる児童が,プログラミング的思考を通して,単元のつながりを意識しながら論理的思考力を身に付けようとする姿が見られた。また,問題解決的な学習の流れの中でコンピュータを操作する活動を行うことで,数学的活動を通して深い学びに向かうことが分かった。先行研究並びに2つの授業実践から, 算数科で単元指導計画に「プログラミングの授業」を位置付けるためには,「単元の中盤から終盤に意図的・計画的に設置する」,「学びの深化を育む解決過程を重視する」ことが重要であることが確認できた。
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13442554
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA11273292
Shimei: 北海道教育大学紀要. 教育科学編
Volume: 71
Issue: 2
Publisher: 北海道教育大学
Issue Date: Feb-2021
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/11711
Appears in Collections:第71巻 第2号 教育科学編

Files in This Item:

File Description SizeFormat
71-2-a09.pdf606.49 kBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback