DSpace ???jsp.layout.header-default.alt2???
 

Hokkaido University of Education Repository >
010. Journal of Hokkaido University of Education >
第72巻 第2号 教育科学編 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/12426

Title: 中学校の体つくり運動領域における学習内容としての「エアロビック」の有用性 ― グループ学習を用いた授業実践における質的データから ―
Other Titles: The Usefulness of Aerobics in Learning Physical Education Content in Junior High School ― Based on Qualitative Data from a Group Study in a Practice Class ―
Authors: 今, 竜一
村上, 孔輔
竹花, 樹菜
山本, 理人
Abstract: 本研究では,中学校の学習指導要領における「体つくり運動」に準拠し,楽しく全身持久力を向上させることを意図したエアロビックの授業を単元として実施した.その際,「主体的・対話的で深い学び」を視点としたグループ学習を通して,生徒たちがどのような学びを経験するのかについて,質的なデータの分析による仮説生成を目的とした.その結果,エアロビックにおけるステップの組み合わせを基に,一斉指導などで一定の運動量を確保することで,「動きを持続する能力を高めるための運動」となり,その特性を生かしたグループ学習を取り入れることで,エアロビックの楽しさを感じながら「主体的・対話的で深い学び」が生成されることが示唆された.
Keywords: 体つくり運動
エアロビック
グループ学習
楽しさ
対話的な学び
???metadata.dc.identifier.niiissn???: 13442554
???metadata.dc.identifier.ncid???: AA11273292
Shimei: 北海道教育大学紀要. 教育科学編
Volume: 72
Issue: 2
Publisher: 北海道教育大学
Issue Date: Feb-2022
URI: http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/handle/123456789/12426
Appears in Collections:第72巻 第2号 教育科学編

Files in This Item:

File Description SizeFormat
72-2-a33.pdf499.35 kBAdobe PDFView/Open
???jsp.display-item.firefoxattention???

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright (c) FUKUOKA JO GAKUIN All rights reserved. - Feedback