Hokkaido University of Education Repository >リポジトリ概要

リポジトリ概要

学術機関リポジトリ(Institutional Repository 以下「リポジトリ」という)は、大学等の学術機関で生み出された知的生産物(さまざまな研究成果)を電子的な形態で蓄積・保存し、無料で学内外に公開する電子アーカイブシステムです。

リポジトリは、学術雑誌の価格高騰を契機として、オープン・アクセスという新たな学術情報の流通モデルから生まれたと言われています。近年、日本においても、リポジトリを構築する大学が増えています。
本学でも、2008年6月に「北海道教育大学学術リポジトリ(HUE Repository)」を試験公開し、サービスを開始しました。

登録対象となる研究成果(コンテンツ)

本学所属の教員、院生等が作成した以下のものなどが考えられます。

研究成果を登録することによるメリット

インターネットで公開された学術情報は、Googleなどのサーチエンジンや、JAIRO(国立情報学研究所リポジトリポータル)、OAIsterなどの論文検索システムによって、世界中から利用可能となります。

研究者のメリット

大学のメリット